第9回『たま寺』

本日、第9回『たま寺(たまにはお寺で心身脱落)』がありました。

保育園児から小学生&中学生まで、36人の参加がありました。大人&スタッフの参加は13人でした。

夕方5時半から、宿題をやったり遊んだり、3分間瞑想をしたり、一緒に夕ご飯を食べたりして過ごしました。

今日の寺カフェ・メニューは、「ちらし寿司・からあげ・すまし汁・ポテトサラダ」でした。

たま寺の帰りの会では、本堂でみんなで手をつないで大きな輪になって、ふりかえりをします。そして、ひとりずつ全員とハイタッチをしてお別れをします。

また、たま寺設立時からのスタッフである「つっちー」が、この度、海外青年協力隊に選ばれ研修に入ることになりましたので、みんなで別れを惜しみつつ、メッセージを書いた色紙をプレゼントしました。

◎ 次回のたま寺は、3月22日(水)夕方5時半~7時45分です。  合掌

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

 

涅槃会

2月15日は、お釈迦さまがお亡くなりになった日『涅槃会(ねはんえ)』です。

覚成寺では今年、曹洞宗の熱血・ボランティア・托鉢・僧侶、渡部鋭幸さん(千葉県)をお迎えして、お釈迦さまのお話を聴く会を開きました。

鋭幸さんお手製のお釈迦さま紙芝居や、お話のあとの質問コーナーなどもあり、

雪のなかお集まりいただいたみなさんと、仏教のこと、いのちのことを考える、有意義なひとときとなりました。 合掌

◎渡部鋭幸さんのブログ→『鋭幸の庵

IMG_2159

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

お寺の奉納米を東北へ送ろう 2017

昨年末にお寺に奉納いただいた新米の一部を、東日本大震災と福島第一原発の事故で、いまだ困難な生活を余儀なくされている方々に送るボランティア作業が行われました。

覚成寺のボランティアサークル『覚成寺ふれんず』の中学生メンバーと、『ふれんずジュニア』の小学生の子たちが本堂に集まって、お米を段ボールに詰めたり、送り先のみなさんへのメッセージを書いたりしました。

合掌

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

Sierra Exif JPEG

◎精米協力・・・葛山精米所 様

◎贈り先協力・・・NGO『アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ』 様

2016除夜の鐘~2017元旦会

たくさんの参拝の方に除夜の鐘を撞いていただきながら、新年があけました。

新年最初の法要『元旦会』も、おだやかな朝日に照らされながらおつとめすることができました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

「世の中安穏なれ」

合掌

img_1987

img_2003

img_2006

SI Exif

2017年1月1日あさ8時 『元旦会』参拝のみなさま

覚成寺報恩講2016

今年もたくさんの門信徒のみなさんの想いが寄りあって、しんらんさまの命日法要『報恩講』をつとめることができました。

12月23日(金)ご講師 / 藤澤めぐみ 師(京都市・興禅寺)

12月24日(土)ご講師 / 譲 西賢 師(神戸町・慶円寺)

ご縁に感謝。  合掌

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

SI Exif

写真撮影 / 奥田忠良 様

報恩講の飾りつけをしました

本日は、報恩講に向けて、本堂の飾り付けが行われました。

門徒総代のみなさんにより、お釈迦様を表すといわれる五色の幕が本堂に張られました。

幕張り後は、境内の落ち葉掃除をしていただき、境内が大変きれいになりました。

また、本堂の中では、有志のみなさんにより、内陣に飾る大きな仏花をつくる奉仕が行われました。

明日は、報恩講のお昼にいただく「おとき」の仕込みが、覚成寺の近隣にお住まいのみなさんにより行われます。

たくさんのみなさんのお気持ちが寄り集まって、今年も親鸞さまの命日法要『報恩講』を迎える準備が整ってきました。尊いことです。

南無阿弥陀仏

15589805_1700009756977378_5004188909171949011_n

15578939_1700009763644044_3174050725404746505_n

img_1899

15578819_1700009783644042_6695999774876710870_n

15589762_1700009793644041_421698030763774381_n

おみがき

本日の覚成寺は、『おみがき』といって、仏具を磨くなど、年に一度の本堂の大掃除がありました。

「毎年のことやで。」と、冷たい雨がふるなか集まってくださった有志のみなさんのお姿が尊かったです。

そして、『おみがき』に来てくれた人たちに振るまうお昼ご飯を作ってくれる“ボランティアのボランティア”の方々もいてくれて、みんなでお昼ご飯をいただきながら、「これもひとつの法事だなぁ」と、味あわせていただきました。

合掌

15390966_999608246811892_4658149324546851292_n

15492571_999608250145225_5259495109105008787_ns

SI Exif

15380311_999624656810251_2631392680634315167_ns

SI Exif

『写経のじかん』お知らせ

昨夜は今年最後の『写経のじかん』でした。

夜の8時から30分間お経を読んだあと、30分間静かに写経をします。

新年は1月はお休みしますので2月1日(水)からスタートします。

◎ 『写経のじかん』は毎月第1水曜日よる8時〜9時。

◎ 持ち物・・・筆ペン

◎ 参 加・・・無料 (気になる方は本堂の仏さまにお賽銭をどうぞ)

合掌

15421001_1692808927697461_3049122428583334675_n

第7回『たまにはお寺で心身脱落』

昨夜の覚成寺は、第7回『たまにはお寺で心身脱落(通称:たま寺)』がありました。

子ども参加者は37人。大人参加者やスタッフも合わせると53人の参加がありました。

学校でもなく塾でもなく、子ども食堂だけでもないし家でもない、

そんな場所で、子どもたちが友だちと一緒に遊んだりご飯を食べたり宿題したりしています。

お寺としては、友だちに「死ね」とか言った子にはめちゃくちゃ反応して叱ったりします。横着な子にはそれなりの訳があるのだろうと接するよう心がけています。

この活動が、今すぐには成果が現れなくても、たま寺に参加してくれた子がいつか大人になったときに、何かが芽生えてくれたら幸いです。

また、このような取り組みに賛同して、ボランティアスタッフとして関わってくれる人が増えてくれたらいいなぁと思っています。

次回は来年の1月25日(水)、17:30〜19:45です。寺カフェは子ども100円、大人300円でご利用いただけます。

合掌

15219655_1685883571723330_5564944207172012793_n

15107374_1685883578389996_8034105986086236039_n

15202560_1685883595056661_4096658510426994230_n

15193563_1685883601723327_2358281038725087720_n

15094367_1685883631723324_5195165523117002016_n

15192776_1685883638389990_7775153041746596193_n

『今年も岐阜の柿を仮設住宅で生活する方へ贈りたい!』

覚成寺の門徒さんで柿農家を営んでみえる方々(大野町寺内)より、「東日本大震災で被災され、避難生活をされているみなさんに贈りたい」と、今が旬の富有柿12箱をご寄付いただきました。

羽島市のNGO『この指とまれ』さんに贈り先をコーディネートいただき、4年目となる今年は、福島県双葉群から非難されているみなさんへお届けすることになり、本日、発送式が行われました。

感謝とともにご報告させていただきます。合掌

SI Exif

SI Exif

SI Exif