作成者別アーカイブ: kakushoji

『涅槃会』ごあんない

『涅槃会』

【日時】2023年2月10日(金)9:30~11:30

【法話】伊藤信道 師(浄土宗西山禅林寺派 宝泉寺住職 / 愛知県津島市)

【講題】「観経の話 -凡夫往生-」

【会場】覚成寺本堂(安八町西結701)

※覚成寺の諸行事はどなたでもご参加いただけます。

報恩講2022

12月17日(土)~18日(日)の二日間、報恩講をおつとめしました。

初日の法話は譲西賢先生(神戸町慶円寺住職、岐阜聖徳大学名誉教授)、二日目は三浦誠先生(島根県正福寺住職、慈悲系ヒーロー・ネイチャーレッド)にご法話いただきました。

二日間とも底冷えする寒さのなか、たくさんの門信徒のみなさんがお参りしてくださいました。

阿弥陀様さまや親鸞さま、祖先のみなさまに見守られながら過ごすひとときは、とてもあたたかな時間でした。合掌

【スペシャルサンクス】・・・覚成寺門徒総代会、仏花立て有志のみなさま、わたがし・みたらし団子・ぜんざい屋台有志のみなさま、たま寺スタッフのみなさま(お菓子、おたのしみチケット配布)、堺葬儀総本店様(参拝者受付用テント貸出&設営)、花文様(アンプレンタル&会館用音響調整)

報恩講の準備、着々と

本日は、報恩講の準備が行われました。

【写真1】本堂を飾る五色の幕を、門徒総代会のみなさまが張ってくださいました。

【写真2】内陣に飾る仏花を、有志のみなさまが立ててくださいました。

【写真3】受付用のテント一式を、境葬祭のみなさまが設営してくださいました。

このほか、たくさんの方のお気持ちが集まって、年末の大法要「報恩講」が成り立っています。共にお経や法話を味合わせていただければ幸いです。合掌

おみがき

本日は年末の恒例行事「おみがき」がありました。

早朝より、門信徒有志のみなさんが仏具のおみがきをはじめ、本堂の大掃除をしてくださいました。

覚成寺報恩講まであと4日となり、準備が着々と進んでおります。ありがとうございます。🙏

「報恩講2022」ごあんない

12月17日(土)と18日(日)の二日間にわたり、浄土真宗の開祖・親鸞聖人の遺徳をしのびながら仏法を聴かせていただく法要「報恩講」をおつとめします。

法話のご講師は、初日は譲西賢先生(神戸町、慶円寺住職、岐阜聖徳大学名誉教授)、二日目は三浦誠先生(島根県正福寺住職、慈悲系ヒーロー・ネイチャーレッド)です。

覚成寺の法要行事はどなたでもご参加いただけます。合掌

 

 

 

ミニ大仏ワークショップ in 覚成寺

コロナ大仏造立プロジェクトのみなさんが全国行脚の途中で覚成寺に立ち寄られました。

ワークショップでは、参加者のみなさんにオリジナルのミニ大仏をデコレーションしていただきました。

出来上がったミニ大仏は、札幌市に展示予定の6メートルの「棚大仏」の中に収めてもらえるそうです。

南無 & Peace

地元中学校のウォークラリー

東安中学校の生徒会発案による企画「東安地区魅力発見ウォークラリー」に、覚成寺も参加させていただきました。

地域を歩き訪ねまわった生徒たちは、「疲れた〜」と言いつつ、学校から飛び出して仲間と一緒に楽しそうに過ごしていました。

覚成寺では、副住職がお寺に関するミニ授業をして、そのあとクイズにチャレンジしてもらいました。 合掌