親鸞聖人お誕生日記念・初参式&コンサート2018

心地良い五月晴れのなか、今年も親鸞聖人お誕生日記念行事として、初参式(しょさんしき)と記念コンサートを開催しました。

初参式には、5人のお子さまが参加。はじめてのお寺参りをお祝しました。

引き続き行われた記念コンサートは、ゴージャス・オネエ様ヴォーカリスト・聖はじめさん、女性のアルトの音域の声で歌うSackji(サクジ)さん、長良川の鵜飼の踊り舟で踊る花魁色舞(おいらんしきぶ)のお二人による舞い、テレビやコンサートで活躍中のヴァイオリニスト・白鳥ユウさんの演奏などなど・・・色とりどりの音楽を満喫しました☆

(写真撮影 / 奥田忠良 様)

第22回『たま寺』ご報告

今夜の覚成寺は、月に一度のお寺を利用した地域コミュニケーション企画『たまにはお寺で心身脱落(たま寺)』がありました。

今月は、幼児から小学生、大人まであわせて45名が参加してくれました。一緒に本堂で瞑想し、夕飯を食べて、宿題したり、遊んだりしました。

次回のたま寺は、5月23日(水)夕方5時半~7時45分に開催します。

◎『たまにはお寺で心身脱落』は、毎月第4水曜日に開催しています。参加費(お賽銭)は大人300えん、子ども100えん。どなたでもご参加いただけます。

花まつり2018、にぎやかに

4月1日(日)、初夏を思わせる陽気のなか、お釈迦さまの誕生を祝う『花まつり』が、ゆるやかに開催されました。

午前10時に本堂でお経をおつとめをして、お釈迦さまのお話を聴いたのち、老若男女のみなさんと一緒に、みたらし団子を食べたり、工作をしたり、ビンゴ大会をしたりして、春のひとときを一緒に楽しみました。合掌

(写真撮影 : 奥田忠良様)

【スペシャルサンクス】・・・覚成寺・門徒総代御一同様、精進くらぶ&有志のみなさま、(株)新和建設様、(株)ルンゴ様、おくだガーデンメンテナンス様、教育支援NPO法人Meets Vision様、岡田農園様,まっつんご夫妻様、駄菓子屋ゲーム博物館様,覚成寺ふれんずのみなさま,

第21回『たま寺』ご報告

今夜の覚成寺は、月に一度のお寺を利用した地域コミュニケーション企画『たまにはお寺で心身脱落(たま寺)』がありました。

今月は、幼児から小中学生、大人まであわせて37名が参加してくれました。一緒に本堂で瞑想し、夕飯を食べて、宿題したり、遊んだりしました。

次回のたま寺は、4月25日(水)夕方5時半~7時45分に開催します。

◎『たまにはお寺で心身脱落』は、毎月第4水曜日に開催しています。参加費(お賽銭)は大人300えん、子ども100えん。どなたでもご参加いただけます。

『花まつり』開催のおしらせ

4月8日は、お釈迦さまの誕生日『花まつり』です。

覚成寺では、4月1日(日)午前10時~15時に、本堂と境内におきまして、さまざまなお楽しみコーナーを設けて、『花まつり』をみんなでお祝い、楽しみたいと思います。

当日、受付にて各コーナーで遊べたり、みたらし団子や綿菓子がもらえるチケット付きチラシをお配りします。

覚成寺の諸行事は、門徒さんに限らず、どなたでもご参加いただけます。

【お問い合わせ】・・・0584-62-5618(覚成寺・大平)

春の彼岸会・永代経法要2018

あたたかな日差しが春の到来を感じさせるなか、お彼岸の法要をおつとめしました。

ご講師に、真正町・慶円寺ご住職、阿部信樹先生をお迎えして、一日ゆっくり阿弥陀さまのお話を聴かせていただきました。

お昼には、精進くらぶ有志のみなさんによる手作りおはぎを、参拝されたみなさんと一緒に美味しくいただきました。

合 掌

(写真撮影: 奥田忠良 様)

写経のじかん

今夜の覚成寺は月に一度の『写経のじかん』でした。

最初に『正信偈』をおつとめしたあと、約30分間写経をします。

筆ペンのみご持参いただければ、どなたでもいつからでもはじめられます。(写経途中の写経本は、お寺に預けていただき、次回いらしたときに続きを写経する、という形になっております。)

◎写経のじかんは、毎月第1水曜日よる8時〜9時。参加は無料です。

第20回『たま寺』ご報告

今夜の覚成寺は、月に一度のお寺を利用した地域コミュニケーション企画『たまにはお寺で心身脱落(たま寺)』がありました。

今月は、幼児から小中学生、大人まであわせて40名が参加してくれました。一緒に本堂で瞑想し、夕飯を食べて、宿題したり、遊んだりしました。

次回のたま寺は、3月28日(水)夕方5時半~7時45分に開催します。

◎『たまにはお寺で心身脱落』は、毎月第4水曜日に開催しています。参加費(お賽銭)は大人300えん、子ども100えん。どなたでもご参加いただけます。

涅槃会~戒のお話~

2月15日はお釈迦さまがお亡くなりになられた日『涅槃会(ねはんえ)』です。

覚成寺では2月10日に、“お釈迦様つながり”ということで、浄土真宗以外の宗派のお坊さんをお招きして、広く仏教のお話を聴く会として、『涅槃会(ねはんえ)』を開きました。

ご講師は、愛知県津島市の浄土宗西山禅林寺派・宝泉寺ご住職、伊藤信道先生をお招きしました。

法話は、浄土真宗では使わない法具・木魚を使った『仏説阿弥陀経(漢音読み版)』のおつとめからはじまり、静かな本堂に響き渡る木魚のリズムがとても心地よかったです。

ほかに、浄土真宗ではあまり聴かない『戒(かい)』のお話をいただき、仏教の根本である「悪いことをしない」ということの大切さと難しさを、あらためて自覚させていただきました。

合 掌

涅槃会のごあんない

「涅槃会」とは、お釈迦さまが命を終えられ、永遠の平和、最高の喜び、安楽の世界(この境地を涅槃といいます)に入られた日に行う仏教の行事です。

◎日 / 2月10日(土)あさ9時30分~11時30分

◎参加費 / 無料(どなたでもご参加いただけます)

/ 伊藤信道

【プロフィール】1955年生まれ。愛知県津島市 浄土宗西山禅林寺派宝泉寺住職。 宗学院院長。アーユス仏教国際協力ネットワーク理事。 今回の法話では、浄土真宗では話されない「戒」についてお伝えします。