覚成寺・親鸞聖人750回大遠忌法要記念

覚成寺・親鸞聖人750回大遠忌法要記念

覚成寺・親鸞聖人750回大遠忌法要記念

2013年12月に、親鸞聖人750回大遠忌法要が無事につとまりました。
一年がかりで、メインテーマ「あなたが生まれた意味」をもとに、
新たな仏縁づくりの法要を目指しました。

この法要のために新たに「おんがく教室」を毎月4回開催しました。
音楽療法士でもある中島由衣先生の指導のもとで、
みんなで歌に振り付けをつけるなど、
老人も子どもも楽しく健康になれる歌を練習しました。
法要当日は、『花は咲く』、『上を向いて歩こう』などを、
みんなで歌いました。
歌の合間には、門信徒の方に「私と仏縁」というテーマでお話をしていただきました。

また、この法要の二つめのテーマである「未来へのバトン」として、
京都在住の大和絵師・吉本徹也さんに仏画を描いていただきました。
幅3メートル80センチ、縦90センチの巨大な屏風の表面には
お釈迦さまのお顔、裏面には、一年を通して門信徒のみなさまから
記名いただいた約500名の方のお名前が載っています
(現在は本堂壁面に設置済みのため、裏面は観ることが出来ません)。

また、覚成寺・親鸞聖人750回大遠忌法要のために
ご寄進いただいたみなさまへの記念品として、
オリジナル経本入れ(製作・オカダデザイン)を作りました。

以下の写真は、この法要ができあがるのを一年かけて撮影したものです(写真撮影・久保倉千明)。

感謝